山形市・Web作成・ワードプレス・CMSサイト制作・フラッシュバナー作成・SEO
パスリッチ/山形県山形市でホームページ制作作成を行っていますに  
メインメニュー
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メイン
   新着インターネット情報
     『Twitter』は、さらなる苦戦を強いられるかもしれない。

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
maru
投稿日時: 2011-11-23 10:51
管理人
登録日: 2008-4-6
居住地:
投稿: 70
『Twitter』は、さらなる苦戦を強いられるかもしれない。
『Twitter』は、さらなる苦戦を強いられるかもしれない。
という記事を見ましたので、ご紹介いたします。
その記事によれば、以下のような点らしいです。

例えば、Twitter上で画像や動画を共有するのは、まだやり方がスマートではない。フォロワーは短縮URLをクリックして、新しいページが読み込まれるのを待つことになる。

実は、この点は、私も感じていた点でした。
140文字制限ゆえに、どうしても必要となる短縮URL。
しかし、この短縮がゆえの相手不明なURLがために、どうしてもクリックしてもらえないこともしばしばなのです。

私も、Facebookをやってますが、画像投稿が当たり前で、その伝わり方が魅力です。
一枚の写真や画像があれば、へたな文章など必要ありません。
実際、携帯などのモバイルから、写真だけを投稿している人もたくさんいます。




だからといって、Twitterは消滅するのか?・・といえば、そうは思いません。
やはり、140文字というスピード感は、他には変えられない魅力と実用性を持っています。
災害時などは、むしろテキストだけの方が伝わるスピードが違うだろうし、スピードこそが命ともいえるものです。

ただ、一点だけ瑕疵があるとすれば、ユーザーが特定できないための、デマ情報が拡散されるという恐れを抱えているという点だろうか。

今年(2011)半ば頃に、あのGoogleが、Facebookの後を追いかけるかのように、「Google+」を発表し、そのユーザー数を急増させている。
その「Google+」が、5年後、10年後には、他のSNSを押しのけて一番になるかもしれないという記事も出ている。

その名も「Google+「ページ」がFacebookやTwitterに勝つ理由」だ。

さらに詳しく知りたい方は、以下のURLをご覧ください。

http://wired.jp/2011/11/13/google%E3%80%8C%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%80%8D%E3%81%8Cfacebook%E3%82%84twitter%E3%81%AB%E5%8B%9D%E3%81%A4%E7%90%86%E7%94%B1/

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ